診療科目

糖尿病内科

現在世界では約3億8700万人が糖尿病に罹患していると言われています。
我が国においても糖尿病患者は増え続け、2012年には950万人もの人が糖尿病であると言われています。
糖尿病とは一体どういう病気なのか?なぜ糖尿病になるといけないのか?
糖尿病を治療していくことが大事なのはもちろんですが、
治療を続けていくためには正しい知識を持つことも大切なことです。

糖尿病治療の最大の目標は、健康な人と変わらない日常生活の質を維持することです。
糖尿病により高血糖状態が続くことで、様々な合併症が発症・進行します。
糖尿病に特徴的な網膜症、腎症、神経症の三大合併症に加えて、
脳梗塞、心筋梗塞などの血管合併症のリスクが高まります。
また近年では認知症や癌も糖尿病の合併症のひとつであると言われるようにもなってきました。
このような合併症がひとつ、ふたつと発症することで健康な日常生活は損なわれ、健康寿命が短くなってしまいます。

糖尿病の初期には自覚症状が無いことも多いため、つい治療をしているという自覚も無くなってきます。
血糖値やHbA1cの数値や今現在のためだけではなく、5年後、10年後の自分を想像しながら、治療を続けていく必要があります。
残念ながら、糖尿病は現代の医療では治すことはできませんが、コントロールすることは可能です。
良好なコントロールを続けることができれば、合併症を来さずに健康な人と変わらない日常生活を送ることも可能です。

糖尿病は薬を飲むことや好きなことを我慢するだけが治療ではありません。
一人一人病態は違いますし、おかれている環境も異なります。
きっと個々の生活に応じた治療法があるはずです。
より良い糖尿病療養生活を送れるよう現在の問題点を明らかにし、
一緒に糖尿病治療について取り組んでいきましょう。

当院では、糖尿病の血糖コントロール目的入院、教育入院をはじめ、外来インスリン導入なども可能です。
また、高血糖昏睡や低血糖などの急性期疾患や1型糖尿病などにも対応可能です。
さらに、インスリン分泌能や糖尿病、血管合併症の検査を行う事も可能です。
わからないこと、疑問に思うことがありましたら、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

Home
/
診療科目
/
糖尿病内科